地紅茶サミット出展してきました。


我が家から下田まで、約120キロほどです。車でおよそ2時間ほどかかります。その地で、開国の歴史とともに、紅茶が伝わったであろうとの考えのもとに、地元下田の町興しの一つとして、下田開国紅茶が作られ始めたのを期として、今回紅茶サミットが開かれました。秋山園は、私が自家製紅茶を持参して行ってまいりました。



静岡県内の生産者はもとより、北は新潟県村上市~南は宮崎県都城市まで、実に多彩な生産者が自慢の紅茶類を持って集まりました。総数21店舗。秋山園は、私が1人で出向きましたが、知り合いが多く、なかなかご挨拶等が忙しく、接客とご案内、説明が大変でした。スタッフの方々の働きもあり、無事にお祭りを盛り上げた感はありました。
日本各地の生産者または、販売者の方々との交流も勉強役にたちました。また、先頃行われた逸品茶会にも来られた皆様もいらっしゃり話題にはこと欠きませんでした。次回は、奈良県で行われるようです。
以上、簡単な報告でした。
秋山勝英