夕焼けの詩…西岸良平



先頃、三丁目の夕日の映画を見に行きましたが、元のコミックは、この漫画シリーズです。
大学生の身には、贅沢なコミック単行本集めではありましたが、13刊までありました。ビッグコミックは、毎週買って読んでいましたが、単行本はなかなか買えなかったのですが、このシリーズ、「夕焼けの詩」は大好きでしたので、思いきって買っておいたものです。およそ30年間箱に入ったままで、久しぶりに中身を確認したら…


チョイと手にとってパラパラとめくりながら、読み始めたならば、はまってしまいました。
絵のタッチ、線の雰囲気が優しくほんのりした感じです。また、ストーリー内容は、シチュエーションがさまざまですが、懐古主義をくすぐるものがあります。
昭和の良き時代を思い起こさせるストーリー展開、漫画なのに、何か目元を潤ませる内容が、人を引き付ける。
現在は50刊くらいまであるのでしょうか。また買い足していこうかと思います。ノスタルジーをくすぐるものがあります。後生に残したい作品とも言えます。
アニメ世代とは言いませんが、始めて見た?読んだ漫画は幼稚園の時の「鉄腕アトム」でした。何度も読んで、背表紙がボロボロになるまで読んだ思い出があります。
懐かしい話題でした。
(*^o^)/\(^-^*)