大実生姜豊作です


ご覧の写真は、大実生姜の写真です。二株分で約6㎏あります。冬に備えての風邪予防食品として、また薬味として、またまた生姜紅茶の原料として、秋山園にて栽培したものです。秋山園の生姜は、肥えた土地に植え付け、たっぷりと水やりをして、手間隙かけて栽培したものです。地元産直や直接注文を受けて販売もしています。大変豊作に上手にできています。



生姜は、一度にあまりたくさん食べるものではないが、風邪をひきそうな時には、生姜たっぷりの春雨スープがうれしいですね。
また、カプサイシンの辛味の唐辛子系のものよりも穏やかな辛味がまたよいのでしょう。生姜の古根は、新生姜よりも香りは良いのですが、すじっぽいのでそのまま食べるには不向きです。薬味や、スープの香り付けには良いでしょう。
さて、大実生姜は、秋山園の生姜紅茶に変わります。掘り出して、綺麗に洗って、薄切りして、天日乾燥と、機械乾燥後に、ゴールデンレシピに則って、秋山園紅茶とブレンドして、テイスティングをして完成となります。よそ様とは、少し手間暇かけた、手作り感たっぷりの、本物の優しい生姜紅茶になります。
勿論、大実生姜は我が家の保存食定番のガリ生姜にもなります。よくある薬臭たっぷりのガリ生姜とことなり、安心食材の筆頭です。かみさんに相談すればお裾分けにあずかれるかもしれないよ。

前の記事

秋茄子の収穫

次の記事

烏龍茶の仕上げ