天敵・蜘蛛のハンモック


だんだんと暖かくなり、新芽の萌芽と同時に、虫たちも活動を始めます。
写真を撮影した3/27は、朝から霧が出て、蜘蛛の巣に水滴が付着して、蜘蛛の存在がはっきりと解ります。かなり沢山の蜘蛛がいます。今年も、一番茶いわゆる新茶前の農薬散布は、行わない予定です。



毎年、虫たちのバランスシートに頼りながら、彼らの活躍を期待しながらの秋山園茶園管理です。最近では、IPMと言われる、総合的防除法が考えられてきております。物理的防除、化学的防除、耕種的防除、生物的防除などを組み合わせて、病害虫を根絶や絶滅させるのではなく、周辺環境も考慮に入れたなかでの、総合的防除法と言われていますが、何となく今まで私が普通にやってきたことを、体系的に捉えた、農業技術のひとつであろう。
総合的病害虫管理のことを言うのであり、近年は病院などの管理体系にも、取り入れられている考え方でもあります。
詳しい解説は、IPMで調べてみよう。
秋山勝英でした。

次の記事

新茶の萌芽