実に秀逸です。


阿刀田高氏の作品、特にショートショート、ジョーク集は、私は好みである。特に、文体と語彙が、なかなか秀逸で、盃を交わしながらチビリチビリと面談しながら、エスプリの利いた話と落ちのある話を交えながら、時に蘊蓄を披露しながらささやかな楽しみとして、阿刀田氏を傍らに共に、時間の共有を持ちたいと思ってしまいました。


最近、読書のペースは落ちてきたが、かつて読んだ本の再読が多くなったように感じます。今風の流行作家のものはあまり読む気にはなりません。
この文庫本の内容では、至るところ興味深い部分がありますが、ドリアンのくだりはなかなか面白い。
まぁ、興味のある方は一読なされれば良いでしょう。
因みに私の一番好きな文体の作家は、今は亡き吉行淳之介さんですね。
血気盛んな若者の頃は、三島由紀夫の文体も好きでしたが…