富士山再登頂!

富士山に一度も登らぬバカ、二度登るバカ!

とよくいわれますが、子供連れで、二回目登りました。一番下の娘は、小学校四年生ですが、高山病にもならずに、よく頑張って登りました。

さぞや、大変だったことでしょう。


8月24日月曜日、朝7時半登山開始。天気は晴れ。

やはり、八合目からが、きつい。また、今回は、頂上が見えるのに、なかなか到着しなくて、九合五尺からが、とても長く感じました。

下の娘を励ましながら、携帯酸素ボンベを、交互に吸いながら、登頂しました。酸素ボンベがなければ、かなり大変だったことでしょう。

頂上についたのは、6時間後、途中の九合目で、ゆっくりとタヌキうどんを食べて、頂上で母さんの作ってくれたおにぎりをパクつきました。童謡の世界のひとこまでした。

富士宮口頂上は、写真の感じです。天気が良かったので、剣ヶ峰3775.63メートルの碑のところまで行きました。

下山開始は、3時半になってしまい、五合目に着いたのは、夜7時でした。

足元は暗くなりましたが、眼下に富士市、富士宮市などの街の明かりを見下ろし、天空には、無数の星を眺めながらの下山もまた面白かったです。

下の娘にとっては、かなりきつい行程でしたでしょうが、良い体験、経験、何よりのものです。

三人の子供たち全員を、無事初登頂に成功させたのは、親としても、一仕事なしおえた感があります。

皆様も、どうぞ良い体験をなさって下さい。特に、親子での登頂をお薦めします。

観察①携帯酸素ボンベは1人1本が良い
②えびせんの袋は、頂上までは、もたない。パンクします。
③頂上に長居しないほうが無難。暗くなると、下山には、かなり危険!
④登るのに6時間かければ、高山病はまず大丈夫でしょう。ただし、携帯酸素ボンベは欲しい。
⑤小さい子供は下山の時のほうが、危ない!尚、下山時は、酸素ボンベは必要なし。

⑥秋山園から、富士宮口五合目までは、車で一時間、帰りは、40分ほどです。

追伸、子連れ登山の方、アドバイスしますよ。無理は禁物です。一歩一歩の大切さが、見に染みて理解できますよ(^_^)(^_^)(^_^)!