富士登山、11回目ですが…

画像の確認
8月19日、20日と山小屋一泊して、富士登山してきました。写真は、登山途中の景色です。御殿場方面が写されております。
19日は、時々ガスが出て、直射日光を遮り、いい具合に9合目に到着したのですが…


夜中の1時30分には、山小屋の灯りが点灯されて、慌ただしく登山支度が始まるのですが…
強風で、ドタバタとした音が山小屋に響いておりました。外に出ると、沼津や富士、蒲原などの町の灯りが明滅しておりましたが…
いざ頂上目指して、出発するも、風は強く、徐々にガスは出て、雨混じりになり、気温は低く、寒くて、手足はかじかみ、頭は冷えて、頂上に何とか到達するも、御来光は難しいと判断して、早々に下山開始しました。
帰りは、御殿場口ルートを降りましたが、雨と霧と横風の中、汗と雨でびしょびしょになりながら、有名な大砂走りをひたすら歩いて下山はしました。
過去11回の富士登山の中では、ワースト2のコンディションでしたが、無事帰還できたのが何よりでした。
山の天気も、ベストだと判断して登りましたが、時間ごとの予報変化は、悪い方向へ急変したのでした。
折からの、台風発生と接近が、気象の急変をもたらしたようです。
帰宅翌日の足腰の痛み、筋肉痛が富士登山の思い出や名残となりました。
50代後半過ぎともなると体力がかなり落ちてきたのを実感いたしました。
次は、富士登山は率先して企画することは無いでしょう。
富士山は、眺める方になるのでしょう。
秋山勝英、富士登山報告でした。

次の記事

蒟蒻芋の害虫