富士登山

七合目付近です。アラサーの若者、2人と写真撮影です。

ガスがかかり、これから先の、凄まじい現象を予感させます。


私は、一番右側で、まだ元気な顔をしていますが…

この先、横風と、霧雨とガス濃霧に、行く手を阻まれ、酸素不足で息苦しくなり、歩いては休み、息を整えながら、携帯酸素ボンベを片手に、前の見えない登山道を、ガイドロープをつたい歩きしながら、登り続けたのです。

断念する事も頭をよぎりましたが、低迷する茶業界のことを思いながら、それでも、前進あるのみ『前へ』の気持ちと、安全に確実に一歩前への気持ちで、登りました。

強風、横殴りの霧雨のため、これから先の、登山風景写真はありません。

外の景色は、一切撮影できませんでした。