富士登山10回目、行ってきました。


恒例となりました、富士登山。50歳になってから年二回登山してきました。塾生2名ともう一人の先生と共に、8/20に、登山いたしました。富士宮浅間神社にお参りしてからのぼりましたが、非常に暑く、予想以上に汗をかくことになり、水分補給をしつつも、体力的にはかなり疲れました。9合目の山小屋に到着するまでに、二回の着替えをしました。ところが、夕方5時過ぎても山小屋には到着せずに、今度は寒くなり、ひやひやもので何とか山小屋に到着しました。


富士登山10回目、行ってきました。
昨年の二回目は,弾丸登山を止め、山小屋に一泊する登山をするようになり、体力の保持と再生には、一泊した方が良いと判断するようになったわけです。
まぁ、歳相応に富士登山を楽しむ気持ちが出てきたわけです。
御来光はしっかりと拝むことができました。自然への崇拝と畏敬の気持ちを改めて実感いたしました。とても寒かったのですが、やはり、御来光の自然美は、その場に自分の足で到達した者への、祝福てはないかとも思うのでありました。
写真は、富士宮ルート6合目と、御来光、そして影富士を載せましたが、三つ載りましたかなぁ…メモリーキャパ越えてしまった場合は、写真が減ります。
富士山が、文化遺産として世界遺産に登録されたことの意味は、日本人また、そこに訪れた全ての人に対する精神性の影響力だと思います。頂上に集う人々の、御来光を見るそれぞれの目には、ある種の信仰心と言えるものがあるように感じます。自然への尊敬と畏怖もあるかもしれません。
こうして、漸く自分の目標でありました10回目の富士登山も無事終了いたしました。
私の留守の間も、しっかりと家を守ってくれた、妻や子供達、健康な家族に感謝申し上げます。

天候次第で、再度富士登山をしようかなとも思っている、55歳の私がいます。次は、山梨県側から登り、静岡県側に降りようと思いますが…

追伸、9合目の万年雪山荘さんでは、お世話になりました。
秋山勝英でした。

前の記事

ピンクのスイカ