寒くなりましたね…富士山は雪化粧

山芋掘りに行く途中で、林道脇からパチリ。
やはり富士山には、雪化粧が似合う。このビュウポイントはなかなか他人には教えられない。標高は600メートル位かな。人工的建造物も入らず、すすきの穂をわざと撮りこみ、晩秋らしくしたが、穂はまだ完熟していないのがポイントです。
ニュースによると、福岡あたりも雪が降ったようですね。


山芋ほりも、30年来の趣味。この時期になると、あちこち出掛けては芋掘りに汗を流します。
ちなみに、私は【芝刈り】と言われる【ゴルフ】は全くやりません。
話戻して、なかなか良い芋所謂【自然薯】は、乱獲のためか、掘り出すことができません。
一本で、一キロを越える代物は年間、二三本しかおめにかかりません。
しかし、山芋、自然薯の醍醐味は、完璧な形での掘り出しと、摺り下ろしたときのモチモチ感、何とも言えない風味と舌触り、自然な食べ物の優しさと奥深さを感じながら
子供達と食卓を囲むのが良いのでしょう

先日は、あと二人の方も山芋掘りのご案内致しました。さぞ、お疲れのことでしょう。
また、山芋掘りに行き、いい自然薯が出たら、ブログにてご案内、報告いたします。
山芋料理の話は、カミサン担当に回します。皆さんは、どんな食べ方をしますか。地域、地方により色々あるようですね。

付、鹿児島地方の方言では、『山芋掘る』とは、酒を飲んだ席などで、くだをまいたり、ぶつぶつ不満などを言うことらしい。山芋掘りをしたことのある人ならば、何となくわかるかも?