山芋…自然薯です

一時間ほどで五本の収穫でした。一番右側のは、途中で曲がっていたため、切断してしまいました。
完全な形に拘らなければ、芋掘りは楽かもしれない。
これから、2月くらいまでが一番おもしろいのです。
そして、芋が充実してきます。天然ものならではのことです。
時々、自然薯として、パイプ栽培のものを見かけるが、本当は、不当表示に抵触するのでは?


芋といえば、中三の長女と植えた里芋が、ばか出来が良く、たった五つの種芋から、
なんと50キロもの収穫が出来ました。
スコップで、四方向から堀上て、株ごと引き上げられずに、少しずつ株を割りながら収穫しました。
我が家では、里芋は大鍋でことこと塩ゆでが、大好物です。

皮つきの里芋をツルリと一皮剥いて、醤油をチョコッとつけて、食べると、田舎臭いがいい感じ!
とても、美味です。来年はもっと沢山作ろうかと思っています。

利殖より、芋のこふやす、片手間で

どこぞの俳句大賞に応募しましょうか。