山菜シリーズ



これは、藤の花のつぼみですが、これを天ぷらにして、塩を付けて食べるとなかなかの淡い苦味と甘味が、春の一時をかもしだします。


あまり大きくなってしまったものは食べません。
花芽の数や向きを調整したいときに、手で摘みとるようにして、収穫します。
どこぞのお宅のガーデンハンターにならないようにしてください。
タラの芽もかなり伸びてきているだろうに、誰も取りにいけない秋山園でした。