山菜シリーズNo.5


木の耳、つまり木耳(きくらげ)とは良く言ったものです。
中華料理の素材としても、良く使われますが、大抵の場合は乾燥木耳の戻しです。


実際に、なっている姿かたちを拝見すると、木の耳と表記するのは合点がいくことと思います。
種類は、赤と黒(焼酎の格のようです)の二種類があるように思います。
あと数日したならば、食べてみます。