恒例蟷螂連隊


蟷螂は、不思議な昆虫です。じっくりと顔を近づけてみたことがありますか?
何とも表現し難い、魅力的?な姿顔かたちです。
あの複眼の向こうに、我々の顔も見えているに違いない。


珍しいかな?交接の最中のひとこまです。噂によれば、このあと牡は、のろまこいていると、雌の餌食になってしまうそうです。恐るべし蟷螂の雌!
何か、小説の題材にもなっていそうですね。
そう言えば、秋の夜長は読書が良いですね。私も、積ん読書が沢山あるので、また読み始めることにしましょう。
ではまた(;¬_¬)アヤシイ

前の記事

珍しい茶花