採ったどー・ヤーコン

インフルエンザで学級閉鎖になった娘と、農作業収穫をしました。

これは、ヤーコンです。どうやって食べるのが、美味しいのでしょうか?


以前ご案内の通り、実に多種類の野菜を、作ったものです。ヤーコンは、比較的に、栽培しやすいものですね。取り敢えずは、収穫までは、漕ぎ着きました。

さて、調理と味の方はどうしたものか…

スライスして、サラダ、天ぷら、きんぴらスタイル、または、炒めものなどにするか…

今回は、切り干し芋用のニンジンサツマや、ハバネロレッドや、ブートホロキヤ、里芋のセレベス、アンデス原産の???というのなど実にいろいろ収穫がありました。

さて、大根も収穫に入りましたが、サラダ大根はサラダ専用大根向きに品種改良されたもので、なかなかうまい。
一本、家族でペロリと平らげます。とりたてだから、余計にしゃきしゃき感とみずみずしさから旨く感じるのかもしれません。

もし、スーパーなどで、サラダ大根のネーミングで売られていたら、トライしてみてくださいませ。
また、品種名で、秋祭りという名前の大根があったら、是非食べてみてくださいませ。これはこれで大根らしくてまたよろしい味がします。

本日は、野菜の紹介から、大根の話に進化してしまいました。

因みに、おでん大根も植えてありますよ。

追伸、本日、東富士演習場にて草刈り場の下見に行き、なんと『まむし』を捕まえてきました。十数年ぶりのご対面でしたが、秋山園、じい様達の、精進料理と化しました。南無三です。合掌。本当に暖冬のようですね。

前の記事

山茶花