新潟県中越沖地震

新潟県中越沖地震 被災者の皆様 心よりお見舞い申し上げます。


東海地震が起きるであろうといわれもう久しくなります。記憶に残る限りでは私が小学校5年生の時に大きく騒がれ、友達と「来年の今頃は地震が来た後だよ。私たち生きてるかな?怖いね・・・」なんて語り合ったことを思い出します。
あれから三十年以上経ちますが、その間に各地で大きな地震災害が起こり、その度に「明日はわが身」 被災した方々の精神的負担・経済的負担はいかばかりだろう 計り知れないだろうな と思い、自分に置き換えてみると、はたして私だったら乗り越えて行けるだろうかと思います。
新潟の皆様は2004年にも新潟県中越地震を経験されており、暫くは大きな地震は来ないだろうと思われていたと思います。それがまた・・・どうして!と思わざるおえないでしょう。
カメラの前で言葉も無く涙をぬぐっていた女性の方の、察するに余りある気持ちを思うと泣けてきました。
自分がどんなに大変な思いをしていても、時間が止まってしまったかのように前へ進めなくても、時間はいつも通り時を刻み、世の中は何事も無かったように動いていきます。
自然は、やさしい顔も見せますが、無情に厳しいものです。
どの様な言葉掛けをしても実際大地震を体験をしたことの無い私の言葉は、被災者の方々の力にはなりえないと思いますが、
「頑張ってください!」 
生きてゆくのは大変なことです。でも生きてゆかなければいけません。
「頑張ってください!」 
今は酷な言葉かもしれませんが 、
「頑張ってください。」