新潟県中越沖地震

被災地 及び 被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

TV報道等によると、かなりの被害が出ております。このような災害が起こるたびに、思い起こし、肝に命ずるのは、一つに「明日はわが身」 一つに「心せよ惻隠の情」 である。
本当に気の毒であるが、どうにか希望を持って前に進んでいただきたいと思うのみである。
夜の明けない日はない。止まなかった雨はない・ポジティブな思考に切り替えて、一日も早い復興を願います。


ライフラインの復活やインフラの再整備、公的支援活動も大切ですが、とにかく物心両面での心温まる支援が必要です。私共も何らかの形で支援したいと思います。
翻って、我家では・・・
家は築80年にならんとする母屋に増改築を2度行い、耐震基準は絶対不合格だと思う反面 家具等はほとんど耐震金具で止めてあり・・・肝心なことは家にいない時に、自分の身が安全ならば後は何とかなる・・・備蓄関係のことなら、一ヶ月ぐらいは持ちこたえる飲料水と燃料はあるつもりではいるが・・・
農家というものは、それ位は維持できる何がしかのものがあると思うが・・・
いずれにせよ「備えあれば 憂いなし」です。そして、被災後対策よりも、被災時安全対策が最重要であると思いました。

前の記事

晴耕雨読