新茶情報No.22・ホイロ上げ


5/29平成26年度新茶製造を終了しました。お茶工場の終了をホイロ上げともいいます。その昔、製茶工場では、ほとんどが手作業でした。手揉みの台のことをホイロ(焙炉)と言ったので、その台を片付けて仕舞うことから、製茶の終了をホイロ上げと言うようになり、機械製茶がほとんどとなった今でも、昔製茶の名残言葉として残っております。


凡そ40日間もの間、無事故で怪我もせずに終了できましたこと、多くの関係者に感謝申し上げます。大変ありがとうございました。
今年の一番茶は、市場相場は続落の日々でしたが、秋山園は市場相場に動じることなく、確実に良いものを作ることを主眼に、丁寧な茶作りに徹してきました。おかげさまで、新茶も好評のうちに、6月の声を聞くことになりそうです。
消費者のリーフ茶離れと言われる中、美味しく飲むことができるお茶作りに邁進してきました。おかげさまで、お客様からの「美味しい」の声を励みに、精進してまいりました。また今後もさらに丁寧な茶作りに精進してまいります。
また、今年の秋山園のテーマである「不易流行」も肝に命じ、進化していきたいと思います。
新茶情報も今回を持ちまして終了とさせていただきます。写真は4/7の高塚茶園早朝日の出です。
秋山園代表茶師秋山勝英でした。