新茶最前線No.21


5/3に、『香駿』を摘みました。写真は本日5/4に手摘みをしている、『山のイブキ』です。
どんなお茶になるのか非常に楽しみです。


『香駿』は、とても良い香りがします。フルーツと花の香りの混ざったような、かすかなバニラフレーバーがあり、今年の傑作の一つです。
『山の息吹』も今年期待の品種です。改めてデビューの年と言っても良いでしょう。まったりとした、玉露風の旨味が凝縮された、ゆるりとした味わいが、堪能できるでしょうか?
それとも、邪魔なイビキになって…ヾ(・ε・。)ォィォィ
今年は、自分が歳をとったと思います。疲れがなかなか取れません。
また、身体が痛くて、なかなか痛みが取れない部分もあります。
子供たちの成長に助けられ、世代交代を意識せざるを得ません。
本日で、新茶開始から二週間経ちました。多少のメンテナンスはありましたが、概ね順調です。
仕上げまでやって感じるのですが、今年のお茶は中味の濃いお茶のイメージがあります。

次の記事

藤の花