新茶最前線No.5


4/11撮影の、『シュンメイ』です。全国的には、マイナーな品種ですが、秋山園では、大切な品種の一つです。
温和な味わいは、ヤブキタの自己主張に飽きた方々には、好まれます。


内容
『シュンメイ』に取り組んで20数年経ちます。秋山園の今があるのも『シュンメイ』との出会いがあります。
遅場所と言われる、富士秋山園で、早場所と遜色ない品質のお茶を提供できることができたのは、この『シュンメイ』という品種のおかげです。
ある程度樹勢が強く、萌芽後一気に、摘採適期に入る品種であり、万一晩霜害にあったとしても、その後の回復力が強いことなどを考慮に入れて、観察してきた品種です。
推定摘採適期は4/23±2日程度でしょう。今年は、やや抜根して、他の品種にしました。
また、新しい品種にトライします。『シュンメイ』から、多くの技を学びとることができました。
今年も『シュンメイ』ファンの皆様に、良い新茶として作り上げることを期待いたします。