新茶最前線No.7


写真は、印雑131という品種です。極ワセ系に属する茶です。独特の香りは非常に個性的であり、素人でも品種の違いに気付きます。
イチョウすれば、マスカットフレーバーの発揚がみられます。


一定の条件を満たせば、かなりのマスカットフレーバーが期待できます。
今では、印雑131を単品で製造できるところも、少なくなってきました。別名『蘭竜』ともいわれ、個性的な味と香りは他の追随を許さず、その個性に魅力を感じ虜になっている方もいらっしゃいます。
さて、今年は上手くいくかどうか…ポイントは天気にあります。

前の記事

秋山園・桜満開