旱天の慈雨


6月21日、もったいないくらいにたくさんの雨が降っています。こんなに一度にたくさん降らずに、ボチボチ降ってくれれば良いのになぁと思う、今日この日です。やっと待望の雨が降りましたが、はっきり言えば、降りすぎですね。



梅雨入りしたとは言え、空梅雨で、二番茶も伸び悩んでいましたが、この雨で一息つくことができるでしょう。
私も、天を仰いで、雨乞いをしてる暇などないので、トラックにタンクを積み直して、茶園に水撒きをしながら、色々な作業をしていました。しかし、この雨には敵いません。大変な量の雨が降りました。やはり、自然の力は凄いなぁと思う次第です。畏怖の念さえ抱きます。
漸く、梅雨らしい天気になりそうです。雨の合間をみながら、二番茶を刈り取り、製造していきます。
仕上げ待ちのお客様には、大変お待たせいたしておりますが、独り男の作業ですから、少しずつの前進となります。また、天候を観ながらのトリアージ作業です。予定通りにはいきませんが、御理解を賜りたいと思います。
(^.^)(-.-)(__)
秋山園秋山勝英