春の化粧ならし


寒い冬将軍も、そろそろ引き上げていただき、本格的春の訪れが待ち遠しい中、茶園管理は、写真で御覧の様に、春の化粧ならしを始めています。
3月に入り、雨の日も多く、なかなか前進しませんが、少しずつ作業は進めて参ります。
化粧ならしは、冬の間に風などでめくれあがってしまった茶株面の均整化と、新茶刈り取りの際の摘採面の高さ設定、芽数の調整など様々な目的があり、化粧ならし期間も限られております。


秋山園は多品種、手摘み用茶園、価格帯別管理茶園、煎茶と紅茶品種など、様々な条件を考慮に入れて、茶園管理を細かく決めております。
写真は、ヤブキタ茶園のレール対応茶園です。ベーシックスタンダード管理にひと工夫もふた工夫もして、良質なものが収穫できるための管理をしております。
天気予報では、暖かくなるはずでしたが、曇天で少し肌寒く感じます。
あと3日ほどで、化粧ならしを終わりにして、新しくお茶を植える作業に入ります。