春の化粧ならし



三月に入り、茶園管理も進めてまいります。
写真の作業は、化粧ならしといいます。冬の間に寒さを受けて変色した葉や、風を受けて、起き上がってしまった葉を刈り落として、茶株表面を均整化するのが目的です。


我が家の子供たちも、年齢を重ねて、自分の歳相応の仕事ができるようになってきました。
一通りの、簡単な作業はできるように手伝っていただきます。だんだん一人前の仕事ができることを確認できると、我が身が歳を重ねて、いつの間にか中年から壮年になってきたことを感じます。
明日は啓蟄、虫たちも動きだしますね。

次の記事

寒害の影響