春茗 (しゅんめい)

品種の来歴
 静岡の野菜茶業試験場で育成されました。
  命名登録されたのは1988年です。母親は「ゆたかみどり」父親は「F1NN8」です。
製茶特性
 形状がよく締まり色沢は緑が濃く良好です。香気は温和です。滋味は少なく旨みがあります。
 自己主張の少ない、落ち着いた控えめな味わいを中心に、真の味わいがあります。
  この「春茗」は自然仕立てにし、茶の木にストレスをなるべくかけないようにして、
三月から夜間被覆し、摘採一週間ほど前から遮光し、一芽一芽丁寧に手摘みをし、特別な栽培と独自の製造をします。今では、幻の機械となりつつある四貫機という小型の機械で5時間かけて   丁寧に手もみ風に作り上げました。
おいしく味わっていただくために
この「春茗」は気持ち多めの茶葉に、(目安は三人前で茶葉10gに120cc)一度沸騰したお湯を70℃ぐらいまで冷まし、茶葉の撚れが緩み開き始めたら一滴残らず淹れてください。
自然な甘みと渋みがお楽しみいただけるかと思います。 旨み成分である日本茶独特の“テアニン”によるリラックス効果が得られると思います。
お茶独特の旨み成分である“テアニン”は化学的に合成された“テアニン”より、脳に働きかける作用が優れているとされています。 春茗には上級茶に多く含まれるとされる“テアニン”が多く含まれています。「春茗」のやさしさとテアニンで心も体もリラックスしてください。        ストレスの多い現代人には有難い天然の作用です。
二煎目は、少し熱めのお湯で淹れていただきますと香りが立ちさわやかな滋味が楽しめます。
今話題の殺菌作用・抗酸化作用があるといわれているカテキンは80℃ぐらいからよく溶出されますので、カテキンパワーが期待できます。健康維持し元気ハツラツ人生を!
三煎目は熱いお湯を入れますと、カフェインがよく溶出し香りたった苦味と渋みがお楽しみいただけ、頭もすっきりするかと思います。フッ素含有率も高いので虫歯予防にも一役かいます。
お茶は一回の茶葉で淹れ方次第で、違った味・香りを三回は楽しめます。
この「春茗」の良さを引き出していただき、楽しんでいただけたら、
「春茗」も秋山園も幸いに存じます。

前の記事

~ 最近思うこと ~