春野町へ行って来ました。



静岡県内でも、本当に真面目に有機認定を受けて、地域ぐるみで、無農薬有機栽培をしている、砂川共同製茶に、鈴木さんを訪ねて行って来ました。


素晴らしい環境の、というのは、私の感覚です。有機栽培はこのような場所でなければ、できないのかもしれないと思わせるようなところです。
標高400メートルの周囲を山に囲まれ、傾斜地が当たり前、しかし素晴らしく空気が美味く、空気の中に精気を感じる、そんな環境です。空気事態が、有機?有気?といえるのかもしれません。
素晴らしい、茶業環境です。
砂川と漢字で書いて「いさがわ」と読みます。はっきり言って、過疎化進行中のエリアですが、将来の日本の桃源郷の候補かもしれません。
私の予言では、近いうちに注目を浴びるエリアになることは間違いない。
人間性再生のパワースポットエリアになるかもしれません。
兎に角、私としては『気』を感じるエリアです。生き物のパワーやエネルギーを感じるエリアスポットですね。
今日2/15は、八蔵園・鈴木嘉津雄様にご案内していただきました。お忙しい中、ご丁寧にご案内していただき有り難うございました。
猪や他の害獣とも上手につきあうのも有機栽培だなと思い、帰路についた視察仲間一行でした。
いつかは、楽園の住人になるのかも…
静岡県も西から東、広いですなぁ…
また、次回を楽しみに。

前の記事

三丁目の夕日

次の記事

鳥獣被害・鹿