最高級の新芽!

タイミングがベストでしょう。

新芽の形、色艶、天候などあらゆる条件を考慮に入れた場合に、この状態での、手摘みが最高級の茶を作り出すことができます。


寒冷紗による、遮光をして、色と味、香りまでも制御します。

すべて、経験と勘どころがものを言います。

今年一番のお茶の一部は、静岡市中の茶問屋、和田長治商店にも納めました。

勿論、皆様にもお求めいただく分もあります。

「新茶に酔う」と言うことばが当てはまるような、出来となっております。

本年最高傑作です。本当に!