朝までテレビ

久しぶりに、朝までテレビ討論番組を見てしまいました。尖閣諸島問題から、日本経済の処方箋、農業問題からFTAまで、また円高脱却の方法手立てなど内容は、多岐に渡るものでしたが…


日本人は、討論が下手なのかもしれません。曖昧さや、ファジーな雰囲気を必要とし、はっきりとした筋道を立てて説明し論破するのが苦手で不得手なのでしょう。

私なりに、今考えるべきは、ここ数年間の流れを俯瞰して見ると、今までに気づかなかったことが見えてくるかもしれません。

少しずつ変化しているのにそのことに気づかないでいる。変化を認めたくないのか?

読者の秋です。また、乱読、積ん読の始まりかな?『日本の論点』のバックナンバーをまた、読み返してみようかな?

と、思いながらも間もなく朝になる。ヾ(・ε・。)ォィォィ

前の記事

お月見

次の記事

四茶の芽です。