枝下桜


桜の開花が早く、散り初めました。そして、写真のように、今から枝下桜が見頃となります。初夏の天候続きで、新芽もぐんぐんと伸びてきました。今年も美味しいお茶を作ることができることと思います。


桜の種類も色々あるようですが、ソメイヨシノ桜を代表格とすれば、枝下桜もなかなかですね。
綺麗なものです。
この写真の向こうに、富士山が映るとさらによいのですが、生憎の曇り空で富士山は見えません。
隙間から、茶畑が見えると思います。やや黄緑がかった新芽も認識できます。
今年は、異常とも言える寒さでしたが、3月の声と同時に気温が上昇して農作物は、一気に生育しはじめて、驚くほどの早さです。
農業者にとっては、慌ただしい、気忙しいの言葉がピッタリです。
4月5日は24節季の「清明」でした。まさしく、命の芽吹きを実感する季節となってきました。
年度も変わり、入学、入社、異動など新たな人生の節目を迎える頃です。
心機一転
前に進みましょう。