梅の開花


好文木とも言われて、文人墨客にこよなく愛される樹木である、梅。2月の半ばには咲き始めたようです。先日の、肌寒い小雨の中、撮影しました。古来より、梅にまつわる俳句や和歌は限りなく、水墨画として描かれる樹木としては、群を抜く多さであろう。


今年は、茶畑の彦畝所謂寸足らずの茶株を引き抜き、そこに梅の木を植えることにしました。花を愛でることができ、実は薬効を持った、加工食品となり、なかなか役にたつとふんだからです。
梅は、かの菅原道真公とは切っても切り離せない中。いろんな、意味も含めた中で、後生の方々が意味を汲んでくだされば有難いと思っております。
f(^_^;)f(^_^;)f(^_^;)