浜名湖立体花博

浜松モザイカルチャー世界博2009に、さる10月16日に行ってきました。

写真は赤富士を模した、花や植物を立体的に組み合わせた芸術作品です。


モザイカルチャーは、19世紀のフランスで生まれた花と緑による立体的な園芸芸術にそのルーツを発するそうです。

様々な花や緑を組み合わせ、色合いや特性を生かしながらモザイク状・幾何学状に配置し、いろんな形に作り上げた作品を「モザイカルチャー」と呼ぶそうです。

花に興味、造詣の深い方は訪れてみてはどうでしょう。浜松フラワーパーク内にて観覧できますよ。

前の記事

山芋掘り!

次の記事

秋の収穫祭!