海老芋終了間近


御覧の写真は、海老芋の状態です。今年は、あまり出来がよくありません。
他の農家も上手に出来なかったようです。近年、海老芋は、特産品としてテレビなどで放映される回数が増えたので、人気も出てきたようです。


我が家の海老芋も、あまり収穫量は多くありません。味の良さを確認できたお客様が、リピーターとなりお買い上げ下さるので、有難いことです。自分の家庭内でも食べたいのに、まだ1回しかまともに食べていません。
ワセ芋はまだ暫くは大丈夫ですが、産直市場に出すほどの量はありません。
やはり、夏場の天候異変が様々な形で影響をおとしはじめているのでしょう。
里芋も様々な品種があります。私も3年ほどかけて選抜した品種がありますが、それは、中々調子が良いです。
まもなく新年、お正月の御節料理に里芋は欠かすことができない食材です。
また、里芋のぬるぬる成分は、ムチンと言われ、免疫力強化の役目もあると言われています。食材に関する知識や知恵は、「食」を楽しく豊かなものにしますね。
年末年始、慌てずに安全第一で過ごしましょう。
秋山勝英

前の記事

暖冬異変