災害派遣第3特科隊(姫路)

自衛隊の災害派遣隊の車両が、東名高速道路を列をなして、関東方面に走行しておりました。
タイトル名と同じ黄色の横断幕を車両の横に張り、整然と走行しておりました。
ありがたいことです。1人1人に握手して、激励とお礼を伝えたい心境になりました。


先程3/15夜22:30過ぎに、大きな揺れがありました。震度は5位でしょう。
かなりの揺れを感じましたが、テレビでは何も言っていませんでしたから、西側または静岡県以西かなと思いきや、震源は、隣の富士宮市あたりで、マグニチュードは6クラス、震源の深さは比較的浅く約10㎞のようです。
しかもたてつづけに、余震が五回以上も続きました。非常に不気味です。
私ごとで恐縮ですが、私は、キンメ鯛の下処理をしていたところで、急な揺れの中、台所の出入口を開けて外に出て、揺れの収まるのを待ちました。
日本の地下で、何か大変なことが起こっているようです。大規模地殻変動が始まったのでしょうか?
とにかく、何か変です。
話を戻して、自衛隊の皆様の車両隊がこんなにも、頼もしく感じたことはありません。我が国の国土保全、国民の安全安心確保の為には、自衛隊の皆様の力は不可欠でありましょう。
この度の大震災の災害復興にも、自衛隊の力は大きなものとなることは、否定することはできません。感謝申し上げます。
福島県民の皆様におかれましては、東京電力の原子力発電所の事故に対して、憤りを禁じ得ないことに、同感いたします。
原発の安全性を説いて、県民の信頼を得ていたはずなのに、想定外の地震であったで済まされる問題ではありません。
今後の、エネルギー政策や、情報のあり方や説明になど様々な課題が提供されたものであると思います。