煎の効くお茶の入れ方

昔から煎茶は金色透明のものが最上とされています。水色は薄く透明感があるのに、口に含むとその色からは想像が出来ないほどの力強い旨みを含んだ風味を感じる事が出来る。とされています。 私共のお茶は今主流の水色の濃く出る深むし茶ではなく、昔ながらの固い作りの煎茶ですので、色はどのクラスになりましてもさほど濃くは出ません。上のクラスのお茶ほど淹れかたが難しく、微妙なバランスで成分の溶出がされますので、淹れかた次第で顔を如何様にも変えてしまいます。
お茶は嗜好品ですので、好みは千差万別だと思いますが、
淹れかたの提案を一つさせていただきます。

①茶葉の量 ②湯温 ③湯量 ④浸出時間 が最大のポイントです。

一煎目 (2~3人前)

カレースプーンに一杯強(約8g)程の茶葉を急須に入れ、60℃まで下げた湯を60cc(通常の半分以下とご理解ください)入れて、1分~1分30秒くらい(あくまでも目安です 茶葉の状態を見ながら・・・)待ちます。湯呑茶碗も温めておくと良いと思います。茶葉の撚れが解けてきて3分の2程茶葉が開いてきたら、湯のみに注ぎきります。茶葉が開きすぎますと雑味が混じります。その時に一滴も残さず注ぎ切ってしまうのがポイントです。最後の一滴はゴールデンドロップと呼ばれるくらい、味も旨みも一番含んでいる雫ですから、後に残さない様に注ぎ切ってください。(玉露対応の淹れ方の応用です。)

ニ煎目

70℃に冷ました湯を、150cc(普通の量とご理解ください)急須に入れ、一息置いて、やはり一滴も残さず注ぎ切ります。

三煎目

75℃~80℃に冷ました湯を、150cc急須に入れ、さっと出します。

実験感覚でぜひ一度楽しんでお試しください。
四煎目以降は邪道かもしれませんが90℃以上で良く溶出されるカフェインの効果を 期待して熱湯で淹れていただき、渋味で口の中と頭をスッキリさせるのもお勧めです。
二煎目の後あたりに、お気に入りの御菓子など召し上がると、お菓子もお茶も
より美味しく召し上がっていただけると思います。

参考

茶殻にもたくさんの栄養素が含まれています。時間を置かず(時間が経ちますと
上級のお茶ほどアミノ酸系が豊富に含まれていますので、酸化しやすく痛みやすいですので・・・)塩昆布など混ぜて召し上がっていただくと、湯に溶け出さなかった豊富な成分までまるごと茶の栄養を摂取できます。ポン酢を少しかけてさっぱりとおひたし感覚でいただくのも美味しいです。
ただし二煎目までの茶葉が最適かと存じます。


お茶美味しく淹れるポイントは 茶葉の量・湯の温度・湯の量・浸出時間にあります。また、食べたものにより茶の香味を味わう感覚は微妙に変わってしまいます。お茶は嗜好品ですので好みがありますが、御自分なりの楽しみ方を茶葉でしていただけたらと思います。
最近は茶殻の始末の問題や、手軽なペットボトルのお茶の普及などで急須を使ってお茶を淹れるという家庭が少なくなってきたと聞きます。急須と共に家族団らんも薄らいできているようです。 余裕を持って手間を惜しまず心を込めて淹れる一杯のお茶が家庭に戻ってきたら、今の日本も少し変わるような気がします。
平安の昔から受け継がれてきたこの素晴らしいお茶を文化と共に後世に受け継いでいく事は、私共の役目だと思っております。
お客様のご意見を宝とし、よりよいお茶作りに精進していきたいと思っておりますので、お気づきの点がございましたらぜひお聞かせください。
フリーダイヤル : 0120-36-5595 /  e-mail : info@fujiakiyamaen.com
ありがとうございました。

前の記事

春茗 (しゅんめい)

次の記事

よろこびのお茶