生姜の天日乾燥


寒さと乾燥が続くと、乾燥生姜の製造に適した状態になります。生姜を洗って、刻んで、寒風と天日に晒して数日経ってから、最終乾燥に入ります。それにしても、生姜を刻むのに手間がかかります。予想外の手間暇です。
乾燥が完了してから、紅茶と合わせて、生姜紅茶の出来上がりとなります。


この時期は、本業のお茶以外のものに、手間暇を取られてなかなか忙しいのです。乾燥ものは、他に切り干し大根もやり、白菜漬けも今年から私の担当になりました。段取りを間違えると、二度手間が多くて、無駄な時間が多くなりますが、慌てずにゆっくりゆったりとやるように心掛けております。
ロハスな生活に、ジワジワと傾きつつある、冬の日々を送っております。
Lifestyles of health and sustainability
秋山勝英

前の記事

切り干し芋作り

次の記事

12月31日大晦日