白菜の寒干し

毎日毎朝寒いですね。長期予報は、ほぼ当たりと言ってもよいですが、やはりこの冷え込みは、身にしみます。
写真は、私が作った白菜です。種蒔きをやや遅くしたので、病気や虫には、被害最小限でここまできました。


白菜の種は、一袋400円前後です。上手に作れば、素人さんでもなかなか楽しめます。多分、上手く作れば、一袋で200個位はできるのではなかろうか?
今年はかなり適当に苗を作り、植え付け時期をわざとかなりずらしながら、試験栽培的な部分もありましたが、納得のいく結果となっております。

さて、にわか白菜作りでのポイントは、苗を作るのには、種蒔き時期と水の管理、苗の定植は、苗間の距離が大きなポイントです。
昨年は50センチメートルで定植したら、大きくはなりますが、始末が悪い。やはり、適当な大きさというものはあるものでして、35〜40センチメートルくらいが良いのでは?
勿論、品種特性もあるのでしょうが、私は黄芯系白菜が好きで、浅漬けなどは、特に好みます。

だから、この寒さにおいての寒干しは、旨い白菜漬けには持ってこいなのです。スーパーなどの購入したものではく、畑直送で、ざっくりとやって…はっきり言って、贅沢ですね。

お茶の、畝間を利用しての野菜作りも楽しみなものです。また、今年も更に磨きをかけて、野菜作りに挑戦しようと思います。

追伸、畑にはまだ里芋が掘り出しを待っているものがあります。さてと少しずつ掘り出しますかな…

白菜の寒干しはかみさんがやってくれました。ブログ上にてお礼を申し上げます。Thank you!

前の記事

どんど焼き