秋の虫、クツワムシ


漢字で書くと、轡虫だそうです。なかなかクツワムシとは読めません。
秋の虫の鳴き声では、「ガチャガチャ」と例えられていますが、最近では、少なくなったような気もするのですが、皆さんはどのように感じますか?



日本人の感覚では、秋の虫の鳴き声として認識しますが、外国人の方々には、雑音としか認識できないと伝え聞いたことがあります。秋分の日を迎える頃には、コオロギが庭のあちらこちらで、鳴き始めて、聞く人の気持ち次第ですが、音楽会のようにも聞こえますね。鈴虫の数が減ったようにも感じますが、これからなんでしょうか?
秋の虫の棲息環境にも変化が生じ、生態が変わってしまったのでしょうか?
夏の虫、蝉に関しては、猛暑のためか、私が子供の頃とは、鳴く蝉の種類が変わったなと思う、今年の夏でしたが…

前の記事

蟷螂参上