秋山園→しゅんめい

ブルータスに掲載されております。
すでに、購読なされた方もいるでしょう。
一口にお茶と言っても、実に多種多様です。
日本茶としてのアイデンティティーは、紅茶などのそれからしてみれば、まだまだの感があります。


今回のブルータスの中の、登場人物の、日本茶に関係する方々は、ほとんど知っております。
当然、私のことも、知っている方が多いことでしょう。

さて日本茶の個性は、世界標準でみれば、まだまだ弱いものがあります。紅茶の世界のほうが、日本茶をはるかに凌駕するものを感じるのは、私だけではないでしょう。

今回のブルータスの企画には、これまでにないコンセプトを感じます。是非精読したい。

たかがお茶、されどお茶、そして、だからお茶。

お茶を通して、インテリジェンスを磨く。

これぞまさしく、Teacher!