秋山園、桜開花宣言!


写真でご覧の通り、我が家のソメイヨシノ桜も咲きました。花見のできそうにない我々は、庭先に桜の木を植えて、世間並の花見と洒落込むつもりで植えて、およそ20年経ちます。
満開になるのは、3日後くらいでしょうか?暖かければ、一気に咲き誇ると思います。



桜と言えば、西行法師の和歌で、「ねがわくば、花の下にて春死なむ、その如月のもちづきの頃…」
一部違っているかもしれないが、如月の頃は、実は旧暦でのことであることに気づけば、桜の花のことを歌っている句であることがわかります。
実際に、西行はこの歌のように、桜の花の咲く頃に没したと言われています。
日本人は、桜にその精神性を被せて、良きもあしきも季節の一部と生活の一部を重ね合わせてきたのだと思います。
散りぎわの潔さは、日本人の精神性に反映されているとおもうがどうだろう。
桜に、様々な思いをめぐらす茶師、秋山勝英でした。
散る桜、残る桜も散る桜
Do you know it?