秋山園平成26年のテーマ「不易流行」


「お茶」を取り巻く環境も世の中の変化とともに状況が変わって行きます。
秋山園では秋山園が考える「お茶に対する一本の軸」を基礎として、
刻々と「流行」する世の中の変化を捉え、皆様にご満足いただけるお茶づくりに精進し新たな「不易」を生み出し、「進化」して行きたいと思っております。


秋山園 今年のテーマ『不易流行』
「不易流行」松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の間に体得した概念です。
「不易を知らざれば基 立ちがたく、流行を知らざれば風 新たならず」
即ち「普遍の真理を知らなければ基礎が確立せず、
変化を知らなければ新たな進展がない」しかも
「その本は一つなり」即ち「両者の根本は一つ」である。というものです。
「お茶」を取り巻く環境も世の中の変化とともに状況が変わって行きます。
秋山園では秋山園が考える「お茶に対する一本の軸」を基礎として、
刻々と「流行」する世の中の変化を捉え、皆様にご満足いただけるお茶づくりに精進し 
新たな「不易」を生み出し、「進化」して行きたいと思っております。