秋山園新茶情報No.8


写真は、秋山園選抜晩生種の様子です。なかなか、素晴らしい良い芽をしています。かぶせて、自然仕立ての手摘みとなります。
5月5日から、2日かけて摘んでいただきました。
店頭への登場は、秋以降を予定しております。


秋山園には、およそ40品種以上の茶品種があり、それを各品種ごとに、手摘み、かぶせ、普通ハサミ摘み、製造方法として、普通蒸し煎茶、強蒸し煎茶、紅茶、釜炒りなどに分けて作っていきます。各品種を平行していくので、非常に大変です。さらに、そのあと各品種ごとに仕上げをしていくのです。
単一品種の大量生産ならば、それは非常にシンプルで作業性も効率も良いでしょう。秋山園では、品種と製造の坩堝、各種作業の仕分けは、とても難しく神経が必要です。
各品種茶は、すべて揃うのは、時間が必要となります。時間の猶予を下さいませ。また、価格においては、出来上がり具合や栽培製造コストを加味して価格決定いたします。
また、各茶業者様には、秋山園は直接消費者にお届けすることを旨としておりますので、対応できかねる場合もございますので、ご理解賜りたいと思います。
一般のお客様のふりをして大量にお買い上げくださり、それをさらに小販なさるのもお控え願いたいと思います。
お客様皆様には、余裕と時間が少なく、大変なご迷惑をおかけします。既に、ほぼ完売の品々もございます。ティーハンターと言われる方々も、御購入なされていきます。
販売担当者にお問い合わせなさるか、栽培製造責任者の私、秋山園代表茶師の秋山勝英あてに、メールでお問い合わせくだされば、非常に有難いと思います。可能な限り、私が対応いたしたいと思います。
プロからマニアの方々もどうぞご自由にお問い合わせくださいませ。
秋山園代表茶師秋山勝英
(^.^)(-.-)(__)