立春のプレゼント、ごっつぁんです。


南伊豆は、松崎町雲見の網元旅館いなばや様から、大きな鮟鱇を頂きました。
貴重で高価な魚を、しかも獲れたての鮮度の良いものを氷詰めで送っていただきました。写真でご覧の通り、見事な形でした。
早速の解体で、腕がなりました。



茶業者でも、鮟鱇の解体をプロ並みにできるかたは、そうそういるものではありませんが、兎に角丁寧に捌き、各パーツを大事に外して、それぞれが最も美味しく食べることができるようにするのが秋山流です。
先ずは、吊るして(この時、脚立にS字フックを使います)胃袋に水を入れて、解体しやすい状態にします。鮟鱇の下には、金盥を置き、汚れないようにすることと、各パーツの落とし受けにもします。
皮、エラ、ヒレ、卵巣、肝臓、胃袋、精肉など、丁寧に解体します。
鍋料理用、唐揚げ用、珍味用に分けて、下処理の必要なものは、手際よく全て一人でやりました。
今回は、まだ卵巣や肝が未熟でした。これから浅瀬に産卵に上がってきて、餌となる魚をたくさん飲み込めば、さらに肥えてくるでしょう。
鮟鱇は脂質はありません。全身コラーゲンの塊です。女性の美肌には、かなり貢献度が高いようです。
なかなか、魚屋さんでも手に入らなくなりましたが、久しぶり、一年ぶりの御対面でした。
頂きます、ご馳走さまでした。有難うございます、いなばや様。
富士秋山園、秋山勝英