第2回秋山園新茶情報2017


今年の静岡茶市場新茶初取引は4月24日月曜日です。写真は、雨の続く中での、手摘み専用茶園のなかの様子です。天敵である蜘蛛が、蜘蛛の巣を張っている様子です。
秋山園では、余程の被害が想定されない場合以外は、新芽に、農薬は使いません。基本的には、新茶、一番茶前には、農薬不使用が前提で栽培管理を進めております。その証拠写真とも言えます。



今年は、桜の咲くのも遅くなりましたが、4月にはいりよく雨が降ります。この3日ほど雨ふりでした。雨の合間で、肥料も撒きました。雨が降ると、茶工場の拭き掃除です。秋山園には、多数の応援部隊がおります。複数の女性たちが、製茶機械の水洗い後の、拭き掃除をしていただいております。私は、平行作業で、機械のメンテナンスを進行していきます。
皆さんのご協力の下に、少しずつ前進、準備を進めていきます。
多くの皆様が、秋山園新茶情報を御覧になっているようです。秋山園は、自然に逆らわない、露地栽培を真骨頂に、多品種に栽培製造技術を組み合わせて、多彩な商品を作り上げていきます。
海外からも、視察者が増えて参りました。有難いことです。真面目に前進、進化してまいります。
富士秋山園代表茶師