第6回秋山園新茶情報2017


新聞情報によりますと、御覧の通りです。静岡新聞4月21日朝刊の記事です。
秋山園のお茶も、昨年よりは遅れていますが、順調に手摘みは進んでおります。やや前倒し気味で進んでいます。写真は、静かおりです。仕上げると非常に旨味の強いしっかりとした味になります。



自然に逆らうことなく、順調に芽の伸びを見ながら、ゆったりとお茶を作ることができそうです。
長い長い新茶製造になりますが、疲れたならば、休みを取りながら前進していきます。
手摘みも3日目になると、摘み娘さんたちとの意気も合ってきます。こちらの欲しい芽を上手に揃えて手摘みしていただけます。有難いことです。
非常にたくさんの品種を摘み分けていただき、丁寧に丁寧に揉んでいきます。手間暇とコストのかかる手作業がメインですが、感動的なお茶との廻り合いを期待して、一期一会で臨んでまいります。
4月24日は、初取引です。良いスタートが切れることを期待しております。
秋山園秋山勝英