第9回秋山園新茶情報2017


最新新茶前線異常有りです。収穫量が極端に少ないのです。このままいけば、大減収は必至となります。
秋山園では、手摘みから機械摘みへと移行してきました。まだ、手摘みはありますが、メイン製造はハサミ・機械摘みとなります。
写真は、秋山園の茶畑の摘採風景です。かぶせ資材を外して直ぐに摘採しております。



このままでは、記録的大減収になるでしょう。秋山園では、小売り用の、年間ものは十分確保できますから御安心ください。ひたすら良質茶生産に励みます。
今現在、特殊な品種ものと1000円/100g、1500円/100g、2000円/100gとございます。
お待たせいたしておりました皆様に、八十八夜新茶としてご提供させていただいております。
できたて、新茶をお楽しみ下さいな。
富士お茶の秋山園代表茶師
秋山勝英58歳でした。