紅茶…ミルクダウン


9月の頭に、紅茶を製造してみました。ベニフウキの三茶芽を利用してみました。製造実験も兼ねて、作って みました。


萎凋の感覚は、だいぶいい線まで来たように感じます。この乾き具合だと、製造でこんな現象が起きるなど、段々感覚が掴めてきました。
あとは、生葉のレベルをもう少し上げればさらに、良くなるでしょう。
和紅茶としての、商品価値を高めるには、まだ時間が必要ですが、少しずつステップアップしていきたいと思います。
今回の紅茶は、なんとミルクダウンの現象が現れます。カテキンやカフェインなどの科学作用です。ダージリンなどの高級紅茶では、特に珍重するらしいが…味的には渋味を強く感じます。氷の中に注ぐと、ミルクも入っていないのに、まるでミルクティーのように白濁します。
次回は、そのミルクダウンの写真をご紹介致します。
追伸、台風被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。我が家の、里芋類も、葉っぱが破れ傘スタイルが増えました。