紅茶製造セカンドフラッシュ


2番茶製造時季ですが、紅茶製造もしております。この時季の製造は、比較的やり易く、紅茶製造の適季と言えるでしょう。気温の上昇が、紅茶製造を助けます。萎凋さえ上手くいけば、あとはスムーズにできます。但し、発酵が進み過ぎると、腐敗になってしまいますから要注意です。


紅茶製造には、様々なポイントが有りますが、なんと言っても萎凋が大切です。原葉生葉の品質にもよりますが、萎凋の程度を感覚的に掴んでおくことが勘所となります。あとは、紅茶に適した品種を選ぶことです。実に様々な品種を試してきましたが、紅茶系品種と一部の煎茶系品種が、紅茶に適していると思います。
また、セカンドフラッシュ以降のものは、香り高く、渋味も強くなり、より紅茶らしく感じるものが多くなります。お茶の不思議な世界を感じますね。

前の記事

山本五十六