紅茶製造研修・萎凋

萎凋は、イチョウと読みますが、どうやら、このイチョウが紅茶製造の最大のポイントのようです。


生葉の持つ水分を均一に自然乾燥させて、一定の水分まで導くのが技のようです。

当然、手摘みと機械摘みでは、乾燥の仕方が異なるようで、今回の試験材料は、知覧の西垂水氏の提供によるものです。