紅茶製造研修in枕崎

はるばる、鹿児島県枕崎まで来て、本格的紅茶製造研修に来ました。
写真を見ての通り、ハンモックにて生葉を萎凋しました。
使用品種は、ベニフウキです。本格的適正萎凋は、やはりハンモックが一番のようです。


富士山静岡空港から、富士ドリームエアライン(FDA)にて、約1時間半で鹿児島につきます。
熊本県の元秋山園研修生達と合流して、枕崎にある野菜茶業試験場に来ています。

こちらの、試験場には、根角教授もおられ、紅茶製造や世界の紅茶の情報も、教わって帰ります。

先ずは、到着初日のレポートです。

枕崎は、海が近いせいか、陽射しはきついが、気温は猛暑まではいかないようです。

前の記事

和紅茶製造