花粉症にベニフウキ!



連日、杉花粉がかなりの量で飛散しているようです。
某、通販サイトでも花粉症対策グッズとして、ベニフウキの販売が喧伝されているが…

写真は、わが秋山園・正真正銘本物・成分分析確認済みの一部写真です。


某通販サイトからですが、0.4グラムのスティックが、30本入って、
なんと1800円前後の価格をするものから、
訳の判らないカテキン(有効成分はメチル化カテキンが主)が豊富であるとして謳っていながら成分表示が???
な商品など、実に多彩で高価なベニフウキグッズが販売されているようです。
業界人の1人として恥ずかしながら告白いたしますが、
かつて、ベニフウキが花粉症に有効であると発表された時に、
ベニフウキもどきが大量に市場に流通して、購入して飲まれた消費者から、
ベニフウキは効果なしと言うレッテルを貼られた経緯があります。
中には、ベニフウキとは言うものの全く有効成分無しの別の品種のお茶を、
ベニフウキシールを貼って、市場流通させて一儲けした茶業者もかつてはいたようであります。
私の知る限りでは、最高値はキログラムあたり、
50000円くらいにもなるとの話もありました。
その年に、秋山園でもやっと生産開始、生葉で5キログラムあるかないかというレベルから、
やっと製品化した記憶があります。
薬、くそう倍と言って、90倍の値段でも売れると言っていた御仁もおりました。
さて、花粉症にお悩みの方には、何とかして症状を緩和したいという方々も大勢いらっしゃることでしょう。
先日も東京駅地下街のドラッグストアなどの花粉症対策グッズを探索しましたが、
ベニフウキグッズはほとんど見ませんでした。

業界の宣伝不足または、認知度の低さか、はたまた偽物・もどき・低成分販売が影響したのかはわかりませんが、
本物をきっちり販売している者としては、残念であり、歯がゆい思いをいたしております。
できうれば、「ためして…」というような偏りのない?
マスメディアにて、広く知らしめる機会を与えて欲しいものです。
(・o・)ゞ了解!

前の記事

寒さの影響

次の記事

心せよ惻隠の情